トップページ > 特集記事 > 【 2016 冬 】ワクワクする週末「楽しい」が叶う場所

【 2016 冬 】ワクワクする週末「楽しい」が叶う場所


ワクワクする週末「楽しい」が叶う場所

勝浦を中心に、仲間とともにゴルフを堪能されている津江様ご夫妻。
週末が楽しくて仕方ないというお二人のステイスタイルについて
伺いました。

stayle54 01 stayle54 02
「ゴルフ銀座」勝浦で
思う存分ゴルフを堪能


「仕事をリタイアしたら、勝浦に移住したい。それくらい勝浦が気に入っています」

そう遠くない未来に思いを馳せるのはポイントバケーション勝浦にやってきた津江秀信様、好美様ご夫婦です。 今回の旅はご友人を誘っての二泊三日のゴルフ旅。初日も施設に着く前に18ホール回られてきたそう。 そんなゴルフ好きの津江様ご夫婦にとって勝浦は絶好の場所なんだとか。

「勝浦は『ゴルフ銀座』って思うぐらいゴルフ場がたくさんある。 今日行ったゴールデンクロスカントリークラブは冬でも芝が緑で綺麗なんですよ。 高低差もある難しいコースなので、腕を磨くホームコースですね」

二日目はあいにくの雨でなかなか調子が上がりません。 雨の時はクラブやボールを洗うなど余計な手間がかかるものの、 「その作業を含めてゴルフだから」と話す秀信様の表情が曇ることはありません。 時に笑顔で、時に真剣な表情でアドバイスを送り合う秀信様と好美様。 コースを進むごとに雨も弱まり、晴れ間がのぞく頃には調子も上がってきたようです。

stayle54 04

来るたびに心惹かれていく
勝浦の魅力


週末は千葉にしか行かないと話すお二人ですが、実はご自宅からは箱根や御殿場の方が近いそう。 それでも勝浦に足を運ぶ理由を好美様はこう語ります。

「勝浦は旅行感覚でプランを立てて来ると、物足りなさを感じるかもしれません。 でも、うちにとって勝浦はたった1時間で来れる非日常なんですよ。 現実逃避ができてリフレッシュになるから、週末が近づいてくるとワクワクしてきます」

ポイントバケーションを活用して年に10〜20泊は勝浦に宿泊されているという津江様ご夫婦。 はじめはゴルフ目的だったのが、ステイを重ねるごとに勝浦が持つ魅力に惹かれていったと言います。

「勝浦はとにかく自然が綺麗。今日もポイントバケーションで温泉に入っていたら 海に沈む夕日がすごく綺麗で、思わず見とれてしまいました。 日没まで見ていたら、身体がぽかぽかです」

来る度に新しい発見があり、知れば知るほど千葉が好きになっていくという秀信様から、 勝浦の話題が尽きることはありませんでした。

ライフスタイルに
ぴったり合う場所
それがリロなんです
stayle54 05
やりたいことを存分に楽しみ
心から満足できる施設


津江様ご夫婦の入会のきっかけはヴァークスイート箱根の体験宿泊。当初は入会する気はなく、 勢いで入会されたというお二人ですが、何に背中を押されたのでしょうか。

「清潔さと気軽さですね。昔、友達の別荘に行く機会があったんです。 別荘は着いたらまず掃除。終わってもどこかホコリっぽくて落ち着かない。 リロはいつ来ても清潔だし、後片付けもしなくていい。 別荘の大変さを知っていたから、一発でやられました」

津江様ご夫婦は揃って料理をされるそうで、リロのキッチンがお気に入り。 お酒もお好きなご夫婦は普段から自宅で飲むことが多く、ステイの際もほとんど外食をされないそうです。 今回の旅でも秀信様が特製おでんを作り、千葉の地酒とともに晩酌を楽しまれていました。

「別荘の煩わしさを感じることなく、ゴルフや自然が堪能できる。 リロは私たちのライフスタイルにマッチする場所なんです」と好美様。 入会したことに心から満足されているようでした。

stayle52 05 働き盛りの時だからこそ
リロでリフレッシュを


入会前はご夫婦で旅行されるのは年に1回程度。 遠出をしても宿の予約などが大変だからと日帰りが多かったそう。 しかし、入会後は宿泊数が格段に増えたと言います。

「うちとしては入会費で別荘を買ったみたいな感覚なんです。 値段を比べながら宿の予約やプランを立てるとそれだけで疲れちゃう。 リロの施設レベルは安定してるから、気軽に旅行が楽しめるんです」

勝浦以外にも年2回、マイルを活用して沖縄に行くというお二人。 お仕事をされている好美様は「リロがあるから頑張れる」と、とても生き生きしたご様子でした。 そんな奥様を見て、秀信様はこう語ります。

「オンオフの切り替えに週末のリロは丁度良いですよね。 リロは一度入会すれば毎年同ポイント付与されるから、働き盛りの人こそ入会して休日を楽しんだ方が良いと思います。 それに若いうちに入れば退会するまで長い間、ポイントがもらえるからね」

リロに宿泊する際はご友人を誘うことが多いそう。夏には「ゴルフ合宿」と題して、ご友人と一緒に一週間ゴルフを堪能することもあるとか。

「一部屋分のポイントで5〜6人泊まれるので、気軽に友達を誘えるんですよ。 合宿では昼はプレーして、夜は宴会。仲間とワイワイできるのが一番楽しいですね」

秀信様には叶えたい夢があるとか。それは自身の年齢以下の打数で1ラウンド終える「エージシュート」。 仕事をリタイアした後は、目標達成に向けてゴルフ練習場で毎日練習したいと意気込みを語ってくださいました。

ご夫婦やご友人方との絆を深める場所としてこれからもリロを活用していただければ幸いです。

津江 秀信様、好美様ご夫妻
ステイリゾート暦6年目


会報誌stayle 2016 vol.54 より