ポイントバケーション京都岡崎
  • 施設情報トップ
  • 施設情報
  • 周辺ガイド
  • グルメスポット
  • 趣味・体験・スポーツ
  • うれしいサービス
  • 地図・アクセス
  • スタッフブログ

八つ橋庵 しゃなり

オーナーのみなさん、こんにちは!

今回は京都らしさが体験できるお店を紹介いたします。

場所はポイントバケーション京都岡崎から南禅寺方面へ向けて徒歩5分。

南禅寺の参道にあります、 「八つ橋庵 しゃなり」 さん。

syanari01.jpg

こちらのお店の1階はショップ&テイクアウトカフェとなっており、オリジナルの自家製八つ橋や創作和菓子などを販売しております。

2階では創作のおばんざいを召し上がれる他、八つ橋や練り切りづくりを体験していただけます!

私も練り切り細工づくりを体験してきました!

syanari02.jpg

ちなみに練り切り細工づくりで選べるコースは二つ、3ヶづくりか4ヶづくりのどちらかです。私は3ヶづくりを選びました。

練り切りづくり体験の中で一番難しいと説明を受けたのが、こちらのはさみきく。

syanari03.jpg

均等にはさみを入れるのが難しく、可愛くつくれるのか不安でしたがご覧の通りの出来栄えに!店員さんのお墨付きもいただいてしまいました。

練り切り、の言葉通り練ったり切ったりしながらできたのが、こちらの3つです!

syanari04.jpg

お持ち帰りできる商品ですが、プラス300円でお抹茶も召し上がれます。

syanari05.jpeg

(画像はポイントバケーション京都岡崎にて撮影いたしました)

体験は練り切り細工づくりの他にもいくつか種類がございます。詳しくはホームページをご覧ください。

なお、体験には事前予約が必要となります。団体利用の場合は余裕をもってご連絡ください。

八つ橋庵 しゃなり

住所 〒606-8437 京都市左京区南禅寺草川町69-1

電話番号 075-754-0611

営業時間 10:00~17:30 

休館日:毎週火曜日、12月24日~31日

今井

2019年6月18日(火曜日)

おいしいランチと錦天満宮

こんにちは

今回は素敵なランチをご紹介いたします。

京都はお店がたくさんあって迷ってしまいますよね、、

特に河原町や烏丸御池は常に多くの人で賑わっており、お店もたくさんあります。

そんな中、今回お邪魔したのは

「ごはんや 一芯」

IMG_9161.jpg

河原町、四条烏丸、烏丸御池、京都市役所前 各駅から8分とアクセスも良好!

地下にあるので少し見つけにくいかもしれませんが、ひっそりと静かな雰囲気で素敵です!

IMG_9160.jpg

北山杉をふんだんに使用していて、木のぬくもりがあたたかい店内です。

掘りごたつののんびりできる席に案内されてメニューを選びます。

常時10種類くらいのメニューがあり、全てにお替り自由の土鍋炊きごはんと小鉢2種と漬物、味噌汁が付いてきます!

豚の角煮

IMG_9159.jpg

とろーり柔らかい角煮がたっぷり入っていて、大満足のボリューム!

鯛茶漬け

IMG_9158.jpg

名物の鯛茶漬けは新鮮な鯛をお刺身とお茶漬けで二度楽しめて得した気分!

土鍋炊きのご飯がおひつで出てくるのですが、とてもおいしくておかわりしちゃいました。大満足のランチでおなかいっぱいです♪

「ごはんや 一芯」

*住所 〒604-8073 京都市中京区大黒町六角通90 ドルチェヴィータ京都六角B1

*電話番号 075-606-5422

*ランチ営業時間 11時半〜15時(ラストオーダーは14時半)

*ディナー営業時間 17時〜23時(ラストオーダーは22時)

たくさん食べたので、ちょっと散策をします~

すぐ近くに京都の台所「錦市場」があり、観光客の方で賑わっています!

IMG_9164.jpg

その先にある錦天満宮をご紹介したいと思います!

IMG_9165.jpg

こちらの鳥居、よく見てください、、両端が切られているわけではなくビルに突き刺さっているそうで、ビル二階のお店では鳥居の端に触ったり写真を撮ることもできるんだとか。

何とも不思議な光景です(^_^;)

境内は約200坪と小さいですが、京の町のど真ん中にありながら、地中からは良質な名水・錦の水が湧き出ています。年中水温は18度前後で、飲用でき、持ち帰りも自由!

IMG_9167.jpg

菅原道真公を祀り、「錦の天神さん」と親しまれているこちら。牛さんの頭は撫でられてピッカピカ!

IMG_9170.jpg

この日もたくさんの人で賑わっていました!

IMG_9171.jpg

提灯がたくさんあり、夜も素敵な雰囲気になります。

IMG_9169.jpg

境内には四季折々の花があり、それも魅力の一つです!

近くに寄られた際は是非、お立ち寄りください~

「錦天満宮」

〒604-8042 京都市中京区新京極通り四条上る中之町537番地
TEL:075-231-5732
開門:午前8時/閉門:午後8時30分

日暮

2019年5月29日(水曜日)

今宮神社で念願の!

こんにちは

前回、大徳寺の散策をご紹介しました!

今回はそこからちょっと足を延ばし今宮神社です!

IMG_9028.jpg

大徳寺を出て少し歩くとドーーンと現れるこちらの鳥居。

道路の突き当りになっているので、ひときわ存在感があります!

中に入ってみると、とても静かな空気に変わります、、

IMG_9031imamiyakeidai.jpg

ハナミズキが咲いていたり、桜がちょっと残っていたりと緑も豊かです

IMG_9005.jpg

平安建都以前よりこの地にあったとされる疫神を祀る社

度重なる疫病や災厄に見舞われ、それらを鎮めるために各地で御霊会が行われるようになりました。この時京中の老若男女の中で始まった神輿やお囃子がやすらい祭りへと繋がっていきます。やすらい祭りとは「鞍馬の火祭」「太秦の牛祭」と共に京の三奇祭と言われます。一年の無病息災を祈るお祭りです。

その後、新たに設けられた神殿三宇ともども今宮社と名づけられました。

IMG_9008.jpg

青もみじの日陰で休む狛犬さん

実は今宮神社は別名「玉の輿神社」としても有名です!

西陣の八百屋の娘として生まれたお玉さんは江戸城の大奥で働くこととなり、三代将軍家光に見初められ、側室として男の子を産みます。

その男の子が将軍となり、お玉さんは将軍の生母「桂昌院」となりました。そんなエピソードから「玉の輿」という言葉の由来とも言われています。

IMG_9011.jpg

そんなお玉さんは故郷を愛し、応仁の乱で荒廃していたこの今宮神社の復興に努めたそう。お玉さんゆかりの神社ということで、良縁・開運のパワーを求めて、参拝にいらっしゃる女性も多いとか、、

八百屋生まれのお玉さんにちなんで、今宮神社の「玉の輿守」は京野菜がデザインされているんですね!!たくさんの色があって可愛かったです!

IMG_9009.jpg

そして、もう一つ今宮神社でパワースポットとして有名なのが

「阿保賢(あほかし)さん」という石!!

この石は神占石ともいわれ、病気平癒を祈りながら手のひらで石を撫で、身体の悪いところを擦ると健康の回復を早める。

また、重軽石ともいわれ、まず石を三回叩いて持ち上げ、そのあと願いを込めて三回叩いて持ち上げます。二回目に持ち上げた時の重さが一回目より軽く感じると願いが成就するのだとか。

IMG_9010.jpg

いざ!挑戦、、願いが強かったせいか、、気のせいか、、とても重い石でしたが二回目は軽く持ち上げられました(^_^;)願い成就するかな♪

IMG_9012.jpg

本社にしっかりお参りをして、境内を出ます!

まだ楽しみが残っているんです、、ずっと食べてみたいと思っていた、、名物!

IMG_9013aburimoti.jpg

両側にお店があって、どっちにしようか悩みます、、お店の方に声をかけられたのでそのまま右側のお店へ

IMG_9021.jpg

あぶり餅「かざりや」

店内は意外と広く、お庭を眺めながら座敷でいただくことができます

IMG_9018.jpg

これです!名物あぶり餅が食べてみたかったんです~

きな粉をまぶし、串に刺さったお餅は香ばしく焼かれ、甘い白みそのたれがたっぷりかかっています。

一口サイズのお餅は優しい甘さで、パクパクと食べれてしまう!!

急須ごと置かれたお茶と一緒においしくいただきました~

IMG_9020.jpg

こちらのかざりやさんは一子相伝。代々女性が受け継がれているそうです。

IMG_9019.jpg

作っているところもパシャリ

手前では男性が親指大にお餅を丸め、串に指し、奥で女性が炭火であぶっていました!実際に自分で、あぶり餅を作る体験もできるので、観光客の方にも大人気でした!

向かいのお店の「一和」も、甲乙付けがたい美味しさということなので迷ってしまいます。いつか食べ比べをしてみたいと思います♪どちらのお店も水曜がお休みなのでお気を付けください!

日暮

「今宮神社」

【所在地】〒603-8243 京都府京都市北区紫野今宮町21

【電話】 0289-62-2679

「あぶり餅 かざりや」

京都府京都市北区紫野今宮町96(北側です)
電話075-491-9402

2019年5月14日(火曜日)

伏見稲荷大社に行ってきました♪

オーナーのみなさん、こんにちは!

タイトルにあるように、GW真っ只中に伏見稲荷大社に突撃です!

昔、JRさんのコマーシャルで稲荷神社の千本鳥居をみて、一度、行ってみたかった場所だったので

せっかく京都にいるならと思い、行ってきました!!

稲荷神社の詳しい説明は、私が説明するよりもインターネットで調べたほうがより分かると思います(笑)が

商売繁盛の神様として知られており、、「宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)」をまつっている神社です。

農業や商工業、商売繁盛にご利益がある神様として、その数は全国に3,000以上もあるといわれています。

伏見稲荷大社で有名なのは『千本鳥居』ですよね。実はこれ、お願いごとをするときやそれが叶ったお礼に

赤い鳥居を奉納したためこのような数になったといわれております。

さてさて、この鳥居、実は誰でも奉納できるんです!!気になる鳥居のお値段ですが

小さいものだと十数万円。大きいものになると百万円を超えるものもあります。

とまあ、前置きはさておいて、早速写真とともに稲荷神社を見ていきましょう♪

inari_1.jpgお稲荷さんがお出迎え♪咥えているのは、金色の稲穂でしょうか?

inari_3.jpgここから有名な『千本鳥居』です♪

inari_4.jpginari_5.jpginari_6.jpgどこまでも続くこの鳥居は、幻想的で不思議な気持ちにさせられます。

inari_9.jpgやっとここまで来たかと思ったら、まだまだ半分にも満たないところでした。ここで引き返す方も多かったですが

せっかく来たからには、山頂まで行ってみたいと思います!

inari_10.jpg上のほうに行くにつれて人がまばらになってきます。

inari_11.jpg京都を一望できる場所も♪ここからまだまだ上ります!

inari_12.jpginari_13.jpg

奉納の鳥居は古いものは明治から、そして新年号『令和』も!

inari_14.jpgだんだんとジブリ映画に出てきそうな感じに・・・

そして、山頂へ

inari_15.jpg気になる稲荷山からの景色は、ご自身の目で確かめてくださいね♪

運動不足の私にはいい運動になりました!!

京都の滞在中に行く候補としていかがですか。登る際は、スニーカーをおすすめします。

白石

2019年5月 8日(水曜日)

GW突入!

こんにちは

今年のGW最大10連休!!ポイントバケーション京都岡崎も連日たくさんのお客様に
お越しいただいております。

今回は、お休みの日に観光をしてきたのでご報告したいと思います☆

ポイントバケーション京都から徒歩13分ほどのバス停「東山三条」に向かい、
市バス12(金閣寺・立命館大学前行)に乗って24か所目、約40分ほど

「大徳寺前」に到着です!

一休さんゆかりの寺といわれる「大徳寺」。ここでちょっと大徳寺の紹介を、、

応仁の乱で焼失した後、一休禅師が臨済宗大徳寺派の総本山である大徳寺を再建しました。
しかし、山門の二階部分に「金毛閣」を造り、内部に自身の木造を安置したため豊臣秀吉の怒りを
かってしまったといいます。

「この秀吉に千利休の股下をくぐらせる気か!」といったところでしょうか。。

この一件との関係性は分かりませんが、山門完成の二年後、千利休は切腹することになったのです。

そんな一休さんの名前がついたお店が大徳寺の横にありました!

「一休こんぶ松田老舗」

IMG_9024.jpg

気さくなおかみさんが優しく迎えてくれます。

IMG_9025.jpg

精進料理に使うこんぶのほかにも魅力的な商品がずらり

IMG_9023.jpg

塩昆布ならぬ塩椎茸、ご飯によく合いお茶漬けにしたらおいしそう~人気だというこちらを購入しました!

さて、大徳寺は広大な敷地の中に20余りの塔頭が存在しますが非公開のものが多く、
拝観できる寺院はあまり多くありません。

まずは「瑞峯院」のご紹介。戦国大名の大友宗麟が菩提寺として建立しました。

最初に現れるのがこちら

IMG_9027dokuzatei.jpg

独座庭

IMG_8993dokuzatei3.jpg

青空に緑が美しく映え、砂紋が見事でした

IMG_8994kannminntei.jpg

続いてこちらは閑眠庭

キリスト教に興味を持ち、洗礼を受けたキリシタン大名として知られる大友宗麟を偲び造られた庭で、
縦4つ横3つの石組みで十字架の形が隠されています。

私は特に独座庭が気に入り、腰を掛けてお庭を眺めながら、ゆっくりと時間を過ごしました。
ここ瑞峯院の庭を作庭したのも、前回ご紹介した東福寺の方丈庭園を作庭した人物と同じ
重森美鈴!

お庭をのんびり鑑賞するという楽しみにハマりつつあります。

瑞峯院を出て、重要文化財である法堂を横目に見つつ

IMG_9022honndou.jpg

目指すのは「高桐院」!細川家の菩提寺であり、
ミシュラングリーンガイド★にも掲載される高桐院が見たかったのですが、、

IMG_8998koutouinn.jpg

なんと耐震改修工事中とのことで拝観できませんでした。。残念なので首と手を伸ばしてパシャリ。
中は苔の緑と青もみじが綺麗なんだろうなぁ。。

拝観再開の目途は立っていません、いつかリベンジしたいと思います。

この後、今宮神社へと移動したのですが、続きはまた次回!

長文お読みいただきありがとうございました!

日暮

「大徳寺」

所在地・・・〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町53
電 話・・・075-491-0019
交 通・・・京都市バス「大徳寺前」下車徒歩すぐ

2019年5月 4日(土曜日)
サポートスタッフ

サポートスタッフ