ポイントバケーション有馬
  • 施設情報トップ
  • 施設情報
  • 周辺ガイド
  • グルメスポット
  • 趣味・体験・スポーツ
  • うれしいサービス
  • 地図・アクセス
  • スタッフブログ

手焼きせんべい実演販売

オーナーの皆様こんにちは!!

今回は以前にブラタモリで紹介されていた、元祖 炭酸煎餅「三ツ森」さんを

ご紹介いたします。

DSC_tatemono.JPG


近くまで来ると、地図を見なくても、香ばしいおせんべいの香りが外まで広がっていて、

ぐにお店がわかりました。訪問すると、土曜日の夕方ということもあり、

お客様がひっきりなしに来られています。

店舗に入り、さっそく手焼き炭酸煎餅の工房の見学させていただきました。

4台の鋳型をローテーションされていて、どんどんお煎餅が焼けてきます!!

なんと1日に6000枚もの枚数を手焼きで焼くそうです!!

DSC_senbei1.JPG

DSC_senbei2.JPG

DSC_senbei3.JPG

DSC_senbei4.JPG

早速出来立ての手焼きの炭酸煎餅を試食させていただきました~!!

まだ温かく、焼き立ての香ばしい味!!

しかも濃厚でやさしい甘さ!!

感動です!!

DSC_shouhin.JPG

私が今回お邪魔したのは、三ツ森 炭酸泉店です。

こちらでは工房を見学できる他、焼き立ての手焼き炭酸煎餅の試食もできちゃうんです!

有馬にお立ち寄りの際は、「三ツ森 炭酸泉店」へ足を運ばれてはいかがでしょうか??

まずは香りに誘われ、三ツ森炭酸泉店へ、

その後、店舗正面にございます炭酸泉源へ行かれてみてはいかがでしょうか?

DSC_sengen1.JPG

DSC_sengen2.JPG

DSC_sengen3.JPG

ポイントバケーション有馬 東間

2019年5月 2日(木曜日)

平成最後のレッツウォーキング!

いよぉぉっ!!... ポンッ
と言えば鼓の音ですが、そんな音が聞こえてくる滝が有馬にはアリマす!

というわけで、今回は「有馬の街をレッツウォーキング Final season!」と題しまして、【鼓ヶ滝公園】をご紹介いたします。

オーナーの皆様、こんにちは!!ポイントバケーション有馬の小松崎光です!

北風VS太陽の絶対に負けられない戦いも最終局面を迎え、いよいよ北風の劣勢となってまいりました。しかし、たまーに頑張る北風さんが、桜吹雪を巻き起こすだけでなく、本当の吹雪を連れてきたりして、もうちょっとだけ厚手の上着が必要な有馬温泉です。とは言っても、太陽が本気を出せば、有馬の坂道も相まって汗ばむくらいに暖かくなりました。

そこで、「ちょっと[涼]を感じたいな。」と思ったら、鼓ヶ滝公園がおススメです。

iriguchi.JPG

近くに【六甲山ロープウェイ】の乗り場やニジマス釣りが楽しめる【有馬ます池】がありますので、お車でヒョイっと散策できる場所ではありますが、せっかくなのでレッツウォーキング!

コースとしては、施設から340分。高低差も少なく程よい距離です。

kanban.JPGロープウェイ乗り場から森林を抜けるちょっとだけ登山道のアドベンチャーコースもありますが、整備された道の方が足首や膝への負担が軽減されるので、ます池を抜けるコースをおススメいたします。

※ちなみに、有馬ます池はニジマス釣りを手ぶらで手軽に楽しめる釣堀で、釣ったばかりのお魚をその場で食べられるんですよ♪お時間があればぜひ!

ipponmichi.JPG

ます池を抜けると滝までは1本道です。迷うことなく、自然と水の跳ねる音に導かれていきます。

滝のすぐ近くまで散策できますので、10mの落差の滝でも十分にその迫力を味わえて、たくさんのマイナスイオンを浴びる事ができます。

taki.JPGそんなに山奥に入らずとも、これほどの滝に出会えるなんて、サスガアリマ!

滝壺近くにある滝見茶屋の和スウィーツで滝壺の音に合わせて舌鼓を打った所で今回のウォーキングは無事、ゴール♪

nidan.JPG

最後に、「ほんとに鼓の音に聞こえるの?」

聞こえるか、聞こえないかは皆さん次第という事でよろしいでしょうか?

さて、連載企画「レッツウォーキング」シリーズは今作でFinalとなりますが、有馬三山も六甲山登頂も文末に「To be continued...」と残したままです。私の夢にはまだ続きがアリマす。次回作まで体が鈍らない様、千葉県の鋸山でレッツウォーキング!!
ご愛読いただきまして、誠にありがとうございました!

See younext Walking!!

2019年4月18日(木曜日)

有馬の桜

鶯が鳴いて満開の桜が有馬の道を鮮やかに彩ります!

どうも皆様こんにちは!

白浜から有馬に異動しました余田です。

の次は

いっぱい有馬の良いところを探して、見つけてお伝えしていきますね!

只今桜の季節

満開ですよ!ちなみに今はこんな感じです

「もう行ったとき終わってるじゃん・・・」

まだ間に合います

桜には種類があって遅咲きの桜もあるのです!

がこちら!

あと一週間はもちます。

施設から歩いて五分くらいのところなのでスタッフに場所聞いてください!

桜が散れば新緑

有馬の新緑情報も伝えたい!

それはまた今度

余田

2019年4月12日(金曜日)

マッサージ、はじめました。

オーナーの皆様、こんにちは!!
ポイントバケーション有馬の小松崎光です!
最近はTVをつけると、どの番組でも競う様に「桜の開花宣言!」を
発表しています。

一方で、有馬温泉の周辺は?と言いますと、「ふぅ~っ」と息を吹きかけたら
本当に開花してしまうのでは?!と思うくらい、文字どおり「もう一息」という雰囲気です。

tsubomi.JPG

蕾はピンク色を帯びて、もうパンパンに膨らんでいます。それはまるで、「お花見に行きたい!」という私達の気持ちを、焦らして焦らして、楽しんでいる様にすら見えます♪

2019325日現在、まだ咲いていませんが、もう間もなくピンク一色に
染まる事でしょう! 気になる有馬温泉開花状況はコチラ

て、ポイントバケーション有馬では、この春から新しいサービス
【出張マッサージ】が始まります。

こちらのサービスは、「有馬温泉マッサージ協会」のお墨付き、
【オアシス】さんから、「腕に自信アリ!」のスタッフさんが出張してまいります。

良質な金泉でお肌はスベスベに、ほてった体を有馬サイダーで落ち着けたら、マッサージで体の隅からスミまでホグす。リラ~ックスは最高潮に♪温泉上がりの体を更に仕上げてまいりましょう!

kakaku.jpg

マッサージのご用命はお部屋から内線9番にて承ります。

※当日のご予約も承りますが、ご希望のお時間帯にお伺いできない場合がございます。ぜひ事前のご予約をご利用くださいませ。
皆様のご来館を、スタッフ一同心よりお待ちいたしております。

2019年3月26日(火曜日)

六甲山登山口~瑞宝寺公園へレッツウォーキング!

オーナーの皆様、こんにちは!!
ポイントバケーション有馬の小松崎光です!
袖口を撫でていく風が暖かみを帯びて、意識せずとも春の訪れを感じる今日この頃、オーナーの皆様におかれましては季節の変わり目、元気にお過ごしでしょうか?有馬は今日も太陽が輝いています。こんな日はどこかに出かけたくなりますね♪あ、そうだ!春の六甲山に登ろう!!

というわけで、今回は「有馬の街をレッツウォーキング 4th season!」をお送り致します。
今回は六甲山の登山口の一つ、「鳥地獄・虫地獄」から癒しの森ルートを通り、途中の分岐点から筆屋道を抜けて「瑞宝寺公園」に至るコースをレッツウォーキング!

tozanguchi.JPG

PV有馬から登山道入り口までは、徒歩で10~15分程度です。「鳥地獄・虫地獄」という名前ですが、決して怖いスポットではありませんのでご安心ください。その登山道の入口には、先駆者達が登山に使った杖がたくさん置いてあり、それはまるでリレーのバトンの様に、先に登頂した者の意思を受け継いでいくツールになっています。そしていざ!杖を装備して第1歩を踏み出すと、しばらくきつめの傾斜が続きます。前半はゴツゴツと大きな石も目立ちますので、足元に注意して進みます。尚、傾斜がきつい所では、歩調と呼吸を合わせる事で疲労の軽減になりますよ。

minizanguti-bunki.jpgminihe-tan1.jpg



そうこうしているうちに、分岐点です!「せっかくここまで登ってきたんだから、山頂まで行きたいな~。」という雑念は道端に置いて、勇気を出して下山を開始!

bunki.JPG

と、ここまでは良かったのですが、分岐点~瑞宝寺公園ルートは昨年度の台風の影響で道がかなり傷んでいます。途中、崖の様になってしまっている所や、寸断されて先の道が見つけにくい所もあり、あまりお勧めできません。ただ、途中2か所ほど小川を渡ったり、元々川だった岩場を通ったりするので、刺激を求める皆様にはご満足いただけると思います。

sundan.JPG

終着点瑞宝寺公園も最後に川を渡ってゴール!!

ogawa1.JPG

ogawa2.JPG

六甲山はポイントバケーション有馬のすぐ裏の山。というご近所な位置付けにはなりますが、お飲み物と非常食を携帯し、動きやすい服装、履きなれた運動靴(トレッキングシューズなら尚可)で春の六甲山にお出かけください。

尚、分岐点~山頂までは、また別のお話で♪to be continued...
皆様のご来館を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

2019年3月12日(火曜日)
サポートスタッフ

サポートスタッフ