トップページ > オーナーズデスクブログ > 【第3回 東海道53次~箱根旅~】 川崎宿~神奈川宿

【第3回 東海道53次~箱根旅~】 川崎宿~神奈川宿

オーナーの皆様こんにちは。
夏日も増えてきて、お出かけの際は日焼け止めなど必要になってきましたね。

今回はタイトルにもございます、第3回 東海道53次レポートです。

どんな道を歩いたか、なぜその場所で歴史に残るような事件が起こってしまったのか、
少しでも、東海道53次にご興味をもっていただければと思います!

そんな思いで綴る、東海道レポートでございます。

川崎宿~神奈川宿には見どころが沢山あり、ふと意識を変えると見落としていた歴史が見えてきます。

DSC00337.JPG

当日は曇り空で、ウォーキングにはベストな気候の中歩き始めました!
『私はリロのこの施設がオススメですよ~』 『僕はもうそろそろ全施設回れるんだよ!』
などなど、オーナー様同士仲良くなっていただけるのは凄くうれしいです。

さて、歩き始めてからすぐに旧東海道の名残が見えてきました!

DSC00339.JPGDSC00338.JPGDSC00344.JPG


『一里塚の数を数えると今どのあたりにいるか、当時の人の目印になったそうです』

皆様解説が入ると 「そんな意味があったのね」 「そういうことだったのか~」 と話に聞き入っていました。

DSC00364.JPGDSC00365.JPG

解説中はちょっと腰かけ休憩など、歩くペースも丁度よく普段より歩けると評判です!

さて、面白く話をしてもらうと川崎をあっという間に抜け鶴見に入ります。

当時江戸から京へ向かう際、最初にあったと言われる橋に差し掛かります。
渡し船などを使わないと川を越えられなかったので貴重な橋だったんです!

DSC00367.JPG

この橋の袂には、関門がありました。
横浜開港後外国人への加害防止のため、主要道路に設けられた門の一つです。

DSC00372.JPG

そんな関門を設置しても尚防げなかった、『生麦事件』です...
キリンビール工場の横に今でも事件碑が残っております。

DSC00388.JPGDSC00390.JPG


歴史的な事件の話を伺った後は恒例のお楽しみ...。

お昼タイムです!
今回は和食膳。お魚の塩っ気が、歩き疲れた体には丁度良く美味しかったです。

DSC00392.JPG

お昼休憩を取り、休んだ後は足取りも軽く神奈川宿を目指します。
『トマトケチャップ発祥の地』 『高札場』 『旧東海道のレプリカ』
情景を思わせる風景や、あまり知らない話など楽しく聞けました!

DSC00399.JPG

DSC00405.JPGDSC00407.JPG

運動はそんなにしていないけれど、最近は健康維持のために...という方も増えています。

黙々と歩くのはしんどいけれど、皆と歩くと案外いけちゃうものね。

と、女性にもご好評いただいております!

東海道53次箱根旅 ご予約・ご参加受付中

5月19日(日) 東戸塚~戸塚宿~藤沢宿

6月2日(日)  藤沢宿~茅ヶ崎~平塚宿

6月23日(日) 平塚宿~大磯宿~二宮

一緒に東海道を歩き、知識を深めながら健康も手に入れちゃいましょう!

スタッフ一同、心よりお待ちしております!

東海道53次担当スタッフ:池田

オーナーズデスク(0570-007-339)