トップページ > 特集記事 > 【山中湖特集】ワンちゃんと一緒に、 のんびりステイ。

【山中湖特集】ワンちゃんと一緒に、 のんびりステイ。

ワンちゃんと一緒に、 のんびりステイ。


褐色の毛並みにつぶらな瞳がチャームポイントのクーちゃんは、1歳半のトイプードル。昨年春に和田家の一員となって以来、ご家族にとって癒しの存在となっている。普段の暮らしはもちろん、お出かけや旅行の時も常にご家族と一緒だ。
 実は、和田さまのリロとの出会いは、クーちゃんとの出会いが大きなポイントとなっているようだ。
 「私たち一家は、もともと旅行好き。でも、この子が家へ来たからといって、旅行を我慢したり、どこかへ預けて出かけるのも辛いですよね。そこで、ワンちゃんOKの宿泊施設を色々あたったんですが、行く先々で事情はバラバラ。そんな時、ワンちゃんOKのリロを知り、箱根での体験宿泊で即決。それ以来、旅行でリロの施設以外を利用したことはありません」と、奥様は振り返る。
 また、ご主人も「夫婦ともに仕事を持っていますので、休みの調整や宿泊先の手配など旅行の段取りも大変でしたが、クーが来てリロを知ってからはそれも楽しみのひとつになりました。いつ、どこへ行こうか、ワクワクしながら次の予定を考えています(笑)」と、お気に入りのご様子。
 そんなおふたりのお話を聞けば、和田様とリロとの縁を取り持ち、家族の絆をより深めたのはクーちゃんだといっても過言ではないだろう。


和田様一家は、ご夫婦と4人のお子様の6人家族。今回こそご長男のご都合がつかなかったが、普段は全員でPVステイを楽しまれている。とても仲のよいご家族だ。もちろん、その中心にはいつもクーちゃんの姿がある。
箱根、軽井沢、山中湖と、和田様のヘビーローテはワンちゃんOKのポイントバケーションだ。そのステイスタイルは、最短でも2泊3日が基本。
「1泊だけだと、バタバタするばかりで余計疲れてしまうじゃないですか(笑)。施設を拠点に色々なスポットへ出かけるのではなく、クーと一緒にゆったりと過ごす私たちのスタイルなら、なおさらです」と話すご主人の隣には、慣れない環境にソワソワするクーちゃんの姿が。なるほど、1泊だけのステイではクーちゃんにとっても時間が少なすぎるのだ。


施設でゆったりとした時間を楽しむとはいえ、具体的にはどのように過ごされるのだろうか。そんな素朴な疑問が頭をよぎる。
「ドッグパークでクーと一緒に走り回った後、富士山を見ながら休憩していると、時間が経つのを忘れてしまうんです。夕食は、近所のスーパーで買った地元の食材を部屋のキッチンで調理して、お酒を飲みながらゆったり食事を頂きます。クーが疲れて寝た後は、恒例の家族ゲーム大会です(笑)」というお話を聞き、前述の疑問は愚問だったと恥じる我々に、奥様はこう続ける。
「ステイ中は必ず長女の手作りスイーツが登場します。長女はお菓子作りが得意なんですが、インテリアコーディネートの学校に通う普段の生活では腕を揮う機会がないんでしょう。材料や道具を持ち込んで、キッチンを占領するんですよ(笑)」 ゆったりとしながらも、有意義な時間の過ごし方を知る素敵な家族。もちろんクーちゃんもその一員である。

和田紀子様、芳明様ご夫妻
ステイリゾート暦1年目